×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



真壁とは?

真壁とは?

真壁(しんかべ)というのは、和風木造建築における伝統的な構法のことです。

真壁は、柱をあらわにし、柱と柱の間に壁を納める方式の壁の構法です。

また、伝統的には、土塗りの小舞壁であって、細い竹を格子状に組み、これに土を塗って仕上げます。

真壁のメリット・デメリットは?

木造真壁には、柱が室内外の空気に触れますので、防腐上は好ましいのですが、筋かいを入れにくいというデメリットもあります。

関連トピック
新住宅市街地開発法とは?

新住宅市街地開発法というのは、昭和38年に制定された法律です。

この新住宅市街地開発法の目的は、人口の集中の著しい市街地の周辺地域の住宅市街地の開発に関して、住宅市街地の開発と、住宅地の大規模な供給等を図ることにあります。

新住宅市街地開発法の内容は?

新住宅市街地開発法では、次のようなことが定められています。

■新住宅市街地開発事業の施行者から建築物を建築すべき宅地を譲り受けた者等は、原則として、譲受けの日の翌日から起算して3年以内に、施行者が行う処分に関する計画で定める規模および用途の建築物を建築しなければならない。

■新住宅市街地開発事業の工事の完了公告の日から起算して10年間は、造成された宅地に建築された建築物に関する所有権、地上権、賃借権等の権利の設定や移転を行う場合は、原則として、都道府県知事の承認を受けなければならない。...など

ちなみに、新住宅市街地開発事業に関する事項については、市町村で確認できます。

また、新住宅市街地開発事業が行われた場合は、完了公告の日から10年間は、区域内に標識が設置されます。


消費貸借とは?
正味とは?
新住宅市街地開発法とは?
新築とは?
信用保証会社とは?
手形小切手の場合の消費貸借は?
真壁とは?
新総合土地政策推進要綱とは?
新都市基盤整備法とは?
信用保証会社を利用するメリットは?
専任媒介契約の義務
区域区分を定める
損害賠償額の予定等の制限
ダイナミックDCF
宅地建物取引業協会と連合会
占有補助者
相隣関係
宅地造成等規制法
タックス・ヘイブン
宅建システムのデータベース
IT書面一括法
取立て
公正証書
強制執行

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved