×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



固定資産税と都市計画税の軽減措置

固定資産税と都市計画税の軽減措置について

不動産を所有していると毎年固定資産税と都市計画税がかかります。

固定資産税というのは、1月1日現在の土地や建物の所有者にかかる税金で、都市計画税というのは、都市計画法で指定される市街化区域内に所在する土地や建物の所有者にかかる税金です。

固定資産税と都市計画税については、次のような税金の軽減措置があります。

固定資産税については?

固定資産税については、次の要件を満たしていれば、新築建物と住宅用地について軽減措置があります。

⇒ 居住部分の床面積が50u以上280u以下であること
⇒ 平成20年3月31日までに取得したものであること
⇒ 専用住宅または居住用部分が1/2以上の住宅であること

新築建物の場合
通常税額は、固定資産税評価額×1.4%で算出されるのですが、床面積120uまでの部分が3年間固定資産税評価額×1.4%×1/2になります。ただし、3階以上の耐火・準耐火住宅の場合は5年間です。

住宅用地の場合
通常税額は、固定資産税評価額×1.4%で算出されるのですが、一戸当たり200u以下の部分が、固定資産税評価額×1.4%×1/6に軽減されます。また、一戸当たり200uを超える部分は、固定資産税評価額×1.4%×1/3に軽減されます。

都市計画税については?

住宅用地の場合
通常税額は、固定資産税評価額×0.3%で算出されるのですが、小規模宅地(200u以下の部分)は、固定資産税評価額×0.3%×1/3に軽減されます。また、その他の用地(200uを超える部分)は、固定資産税評価額×0.3%×2/3に軽減されます。


マイホームを取得・所有・譲渡したときの税金は?
マイホームの税金の特例を受けるための必要書類
不動産取得税の軽減措置
契約書にかかる印紙税
相続精算時課税制度の特例の注意点
マイホーム購入したときの税金は?
登録免許税の軽減措置
固定資産税と都市計画税の軽減措置
住宅ローンと相続時精算課税制度の特例
住宅資金の贈与の特例の概要
主婦や年金受給者・契約
利息制限法・上限・利息・返還
属性
業務提供誘引販売取引
10年と15年、有利な住宅ローン控除は?
変動金利型のメリット・デメリットは?
契約書に印紙がないとどうなるのですか?
借換え時の手数料は?
譲渡損失の繰越控除の計算方法と条件
毎月10万円の返済だといくら借りられる?
都市銀行の住宅ローンの主な内容は?
物件検査とは?
都市計画税の税額と軽減措置は?
変動金利型を選択する際の注意点は?

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved