×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



地目とは?

地目とは?

地目というのは、土地の現況と利用状況による区分のことをいいます。

ちなみに、不動産取引の際には、田や畑など地目によっては、権利の移転等に制限がある場合があります。

また、登記簿上の地目と土地の現実の利用状況が一致していない場合もあるので、注意が必要です。

不動産登記法施行令による地目は?

不動産登記法施行令3条によると、地目は次のように21種類に区分されています。

⇒ 土地の主たる用途により、田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地

関連トピック
仲介とは?

仲介というのは、一般的には、当事者の間に入って便宜を図ったり尽力することをいいます。

不動産取引での仲介は?

不動産取引において仲介といった場合には、他人間の契約行為の締結に尽力する媒介行為のことをいいます。

ちなみに、宅建業法等の法令では、仲介ではなく「媒介」といいます。

不動産公告では?

宅建業者が行う不動産広告においては、取引態様の明示として「媒介(仲介)」または「仲介」とされます。


地価税とは?
地区計画の内容は?
拠点都市整備法とは?
地目とは?
仲介の法的性格は?
地区計画とは?
地籍とは?
拠点都市整備法の内容は?
仲介とは?
中古住宅ローンとは?
電車・バス等の所要時間
登記簿
特殊価格
特定社債管理会社
土地収用法
同一需給圏
投資主総会
特別用途地区
特定土地区画整理事業
都市基盤整備公団
押し貸し
借主が会社
時効
中途解約

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved