×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



土地に対する負担調整措置とは?

土地に対する負担調整措置とは?

土地に対する負担調整措置というのは、固定資産税の評価額に対する課税額のばらつきを調整するために取られる措置のことをいいます。

この土地に対する負担調整措置は、負担水準※により、当年度の課税標準額を前年度の課税標準額に対して調整します。

なお、平成9年度からは負担水準の均衡化を進めることを基本とした見直しが行われてきていますが、依然として負担水準のばらつきが残っているので、平成14年度までの措置に引き続いて、その後も継続して行われています。

※(前年度の課税標準額÷当該年度の評価額)×100

関連トピック
都市再開発法とは?

都市再開発法というのは、昭和44年に制定された法律です。

都市再開発法の目的は?

都市再開発法の目的は、市街地の計画的な再開発に関し必要な事項を定め、都市における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ることにあります。

許可の広告等の確認は?

次のものに関する許可の広告等は、都道府県や市町村で確認することができます。

■市街地再開発促進区域、再開発地区計画に関する都市計画
■市街地再開発事業


都市再開発法とは?
都市再開発方針とは?
都市緑地保全法とは?
土地信託とは?
土地取引の許可制とは?
都市再開発法の内容は?
都市再開発方針の内容は?
都市緑地保全法の内容は?
土地信託の分譲事業型のメリットは?
土地に対する負担調整措置とは?
肌分かれ
バリュー・アット・リスク
ファンド・オブ・ファンズ
負担付贈与
物件の検索手法
別除権者の優先弁済
ふくれ
不動産の表示に関する公正競争規約
物件の所在地とネーミング基準
ブローカー
住民税
商品付帯役務
消費経済審議会
クレジットカード

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved