×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



住宅ローン控除の注意事項

住宅ローン控除を受ける年の確定申告は?

住宅ローン控除を受けるには、確定申告をしなければなりません。また、特定の居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の繰越控除の特例などとの重複適用ができません。

給与所得者でも住宅ローン控除を受ける最初の年には、必ず確定申告しなければなりません。しかしながら、翌年以降は年末調整で住宅ローン控除を受けることができます。

たたし、合計所得※が3,000万円を超える場合には住宅ローン控除は受けられません。

なお、確定申告の際には、源泉徴収票の原本が必要になります。

ただし、純損失や雑損失の繰越控除、その他一定の損失の繰越控除の特例の適用を受けている場合には、その適用前の金額のことです。

※合計所得・・・総所得金額、特別控除前の分離長(短)期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、山林所得金額及び退職所得金額の合計額のことです。

特例の重複適用について

住宅ローン控除の適用を受ける場合には、特定の居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の繰越控除や居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算・繰越控除を除いて、居住した年と前後2年間は重複適用することができないことになっています。


住宅ローン控除とは?
土地の取得がない場合の住宅ローン控除の手続き
住宅ローン控除の対象にならない借入金は?
マイホームを増改築等した場合は?
社内融資は?
住宅ローン控除の注意事項
土地の取得がある場合の住宅ローン控除の手続き
マイホームを新築したり購入した場合は?
控除期間10年と15年との選択制
土地を先行取得した場合
親から頭金を借りるときの注意点は…
住宅ローンの決定は販売業者に左右される…
固定金利の特徴は…
繰上返済の有利なポイントは…
連帯保証人と連帯債務者…
住宅ローンの借入限度額は…
住宅ローンの金利の決定方法は…
フラット35(買取型)を利用できる人は…
銀行の収入以外の審査のポイントは…
自動車ローンがあっても審査に通りますか…
無人契約機・自動契約機・本人確認
リボルビング払い
全情連・全国信用情報センター連合会
過去の売掛金・クレジット

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved