×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



マイホームを新築したり購入した場合は?

マイホームを新築したり購入した場合の住宅ローン控除の適用要件

マイホームを新築したり購入したときに住宅ローン控除の適用を受けるには、その住宅について次のような様々な要件を満たす必要があります。

■住居の床面積が登記簿上の数字で50u以上であること。また、事務所や店舗などの併用住宅の場合には、自分の居住用部分が店舗なども含めた建物全体の床面積の2分の1以上であること。

※この場合は、あくまでも登記簿上の数字であって、パンフレットなどの数字と異なることもありますからよく確認してください。

■夫婦や親子での共有住宅の場合には、建物全体の床面積が50u以上であること。

■マンションや石造、れんが・コンクリートブロック造、鉄骨造、鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート造など耐火建築物では取得日より25年以内、それ以外の建築物であれば20年以内に建築されていること。

※この場合、平成17年4月1日以降に住宅を取得し、一定の耐震構造基準を満たしているのであれば築年数は問われません。

■中古住宅の場合は、建築後使用されたことがあること。

ちなみに、中古住宅の場合ですと、それまで生計をともにしていた、又はこれから生計をともにする親族などから購入した住宅については、住宅ローン控除はうけられません。


住宅ローン控除とは?
土地の取得がない場合の住宅ローン控除の手続き
住宅ローン控除の対象にならない借入金は?
マイホームを増改築等した場合は?
社内融資は?
住宅ローン控除の注意事項
土地の取得がある場合の住宅ローン控除の手続き
マイホームを新築したり購入した場合は?
控除期間10年と15年との選択制
土地を先行取得した場合
住宅ローンの申込書類とは…
住宅取得の窓口の一本化とは…
固定金利選択型の選び方は…
繰上返済の種類…
会社経営者や自営業者のローン審査は…
頭金以外に現金が必要な諸費用は…
住宅ローン金利の先行きの予想方法は…
フラット35(買取型)のデメリットは…
収入合算とは…
店舗や事務所併用住宅の住宅ローン控除は…
振込ローン・銀行振込手数・負担
消費者金融業者・利用件数重視
ブラックリスト
ローン提携販売

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved