×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



土地の取得がない場合の住宅ローン控除の手続き

土地の取得がない場合の住宅ローン控除の手続きは?

住宅ローン控除を受けるためには、入居後最初の年は必要書類を添付して確定申告をする必要があります。また、サラリーマンの方は給与所得の源泉徴収票の原本の添付も必要です。

確定申告書を提出する際には、次の必要書類を新築・中古・増改築のそれぞれの場合に応じて添付しなければなりません。

新築住宅の場合は?

■住宅の登記事項証明書や請負契約書、売買契約書等※1
■住宅ローンの年末の借入残高証明書※2
■住民票の写し

※1…新築又は取得年月日、請負代金や取得対価、住宅の床面積が50u以上とわかるもの
※2…複数の住宅ローンがある場合にはそのすべてです。

中古住宅の場合は?

■住宅の登記事項証明書
■取得年月日と住宅の取得価額がわかる売買契約書等の証明書
■住宅ローンの年末の借入残高証明書※
■住民票の写し

なお、一定の年数が経過しているときには、建築士や指定確認検査機関等が証明を行った耐震基準適合証明書が必要な場合もあります。

※複数の住宅ローンがある場合にはそのすべてです。

増改築等の場合は?

■増改築した日付や費用、床面積がわかる請負契約書等の証明書
■増改築確認通知書の写し、検査済証の写し又は一定の建築士の増改築等工事証明書
■住宅ローンの年末の借入残高証明書※
■住民票の写し

※複数の住宅ローンがある場合にはそのすべてです。

ちなみに、 確定申告は、住宅ローン控除を受ける年の翌年2月15日〜3月15日までの間に住所地の税務署で行ってください。


住宅ローン控除とは?
土地の取得がない場合の住宅ローン控除の手続き
住宅ローン控除の対象にならない借入金は?
マイホームを増改築等した場合は?
社内融資は?
住宅ローン控除の注意事項
土地の取得がある場合の住宅ローン控除の手続き
マイホームを新築したり購入した場合は?
控除期間10年と15年との選択制
土地を先行取得した場合
親から借金するときの注意点は…
安定した返済計画と金利動向…
金利の優遇幅とは…
繰上返済に有利なローンの条件は…
フラット35の収入合算は…
フラット35の収入合算とは…
利用者の多い金利タイプと期間は…
フラット35(買取型)の融資期間などの要件は…
銀行の収入基準は…
カードローンの残高がなくても審査に落ちる…
貸金の送金・現金書留
与信
無担保無保証
友人・プレゼント商品・クレジット利用

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved