×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



住宅を取得した時の税金は?

住宅を取得した時の税金にはどのようなものがありますか?

土地や家屋などの不動産を取得する時には、次の4種類の税金を納める必要があります。

■建物を購入(建設)した時には、消費税がかかります。
■売買契約書、工事請負契約書、住宅ローン契約書などを作成した時には、印紙税がかかります。
■住宅やその敷地を取得した時には、不動産取得税がかかります。
■住宅の所有権保存(移転)登記、借入金の抵当権設定登記をする時には、登録免許税がかかります。

それぞれの問合せ先は?

■消費税・・・税務署など
■印紙税・・・税務署など
■不動産取得税・・・都道府県税事務所
■登録免許税・・・法務局

印紙税とは?

印紙税というのは、経済的な取引によって作成された文書にかかる税金のことで、すべての契約書の作成にかかってきます。

印紙税は現金で納めるのではなくて、収入印紙を購入してそれを貼って消印することで納入します。

税額は次のようになっています。

契約書の記載金額
工事請負契約
売買契約
住宅ローン契約
100万円超 200万円以下
400円
2,000円
200万円超 300万円以下
1,000円
300万円超 500万円以下
2,000円
500万円超 1,000万円以下
10,000円
1,000万円超 5,000万円以下
15,000円
20,000円
5,000万円超 1億円以下
45,000円
60,000円
金額の記載のないもの
200円

マイホームを購入した後にかかる税金
建物が未完成の固定資産税の軽減措置
住宅ローンと消費税
転勤中に自宅を賃貸したら…
住宅を取得した時の税金は?
固定資産税の課税標準
税務署からの「お尋ね」
二世帯住宅と固定資産税の軽減
バリアフリー改修工事の税金の優遇措置
不動産取得税
警察の捜査・個人情報開示
悪質な取立て
審査・勤務先確認
割賦販売法・遅延損害金の上限
銀行の住宅ローンの金利
契約時の印紙税
相続時精算課税制度の仕組み
段階金利の期間短縮型
新築マンションの物件概要の見方
信用金庫・信用組合のローン
仲介手数料の金額
耐震強度偽装再発防止の法律
年代別のマイホーム取得
下見

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved