×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



新築物件のポイントは?

新築物件のポイントについて

新築の戸建住宅を購入する場合の資金計画としては、フラット35や民間住宅ローンが中心になるかと思われますが、返済期間が長期に渡る場合には、長期の固定金利型でローンを組むと安心です。

フラット35や民間住宅ローンの利用について

建売住宅(新築の戸建)を取得する際には、フラット35や民間住宅ローンには土地の面積要件がないので、住宅の性能基準さえ満たせばほぼ利用できるでしょう。

もし、1億円以下という価格要件以外の理由でフラット35が利用できない建売住宅だとしたら、それは住宅の性能に問題があってフラット35が利用できないということだと思われますので、そもそもそのような物件は敬遠しておいた方が無難です。

頭金が不足する場合は?

頭金が不足するような場合には、フラット35で物件価格の90%を借りて、それを超えた金額については提携ローン※を利用できる場合もあります。

※いわゆる「頭金ローン」のことです。

フラット35の利用に際しての注意点は?

フラット35は借入に際しての収入基準が、民間住宅ローンと比較して厳しいという点には注意が必要です。

つまり、年収にもよりますが民間住宅ローンの場合には、年間返済額が年収の30%〜35%までならOKというのに対して、フラット35は同25%までとなっているからです。

具体的には、年収が500万円の場合には、ローンの年間返済負担率はその25%の125万円以内に抑えるべきですので、フラット35だけでは収入基準の観点から難しいというケースでは、購入計画自体を見直した方がよいかもしれません。


定期借地権付住宅とは?
住宅新築のポイントは?
中古一戸建てのポイントは?
住宅ローンの申込条件は?
金利の決定方法は?
新築物件のポイントは?
中古マンションのポイントは?
フラット35での借換えは?
民間住宅ローンの主な融資条件は?
貸出金利の種類と特徴は?
ICカード
日掛け金融
根保証制度
住宅資金特別条項
実務講習
支払金・預り金の保全
借家契約解約の正当事由
建替えローン
集団投資スキーム
指定講習
借地権の更新
従業者証明書の携帯義務
住宅ローンとクレジット
住宅リフォーム・紛争処理支援センター

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved