×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



中古マンションのポイントは?

中古マンションのポイントについて

基本的に、中古マンションは契約後すぐに入居できることが多いので、予定している返済期間ごとに、取得時点でどのローン金利が低いかを比較・検討してそこから借りることになります。

フラット35と民間住宅ローンではとちらを選択すべきですか?

フラット35(買取型)が利用できる物件の場合には、次のようメリットがあるのでこちらを選択するとよいと思われます。

■最大で物件価格の90%まで借入が可能である。

■中古物件の場合は購入から入居までの期間が短いので、融資実行時(入居前後)の金利が適用されても金利上昇リスクはほとんどない。

■専有面積が30u以上の物件から利用できるので、シングル向けの中古マンションの場合は頭金も少なくて済む。

しかしながら、物件価格が安いということで、かなり短い返済期間でローンが組めるというような場合には、民間住宅ローンの固定金利選択型(10年)の中で金利優遇キャンペーンを行っているところを選択し、10〜20年の返済期間にすると結果として負担が軽くなることも考えられます。

結論としてはどちらがいいのですか?

基本スタンスとしては次のようになります。

■返済期間が長いのであれば、フラット35の中で金利が低いところを利用する。

■返済期間が10〜20年で収まるのであれば、民間住宅ローンの「固定金利選択型」(10年)の中で、金利優遇キャンペーンを行っているところを利用する。


定期借地権付住宅とは?
住宅新築のポイントは?
中古一戸建てのポイントは?
住宅ローンの申込条件は?
金利の決定方法は?
新築物件のポイントは?
中古マンションのポイントは?
フラット35での借換えは?
民間住宅ローンの主な融資条件は?
貸出金利の種類と特徴は?
IMF
上限金利・多く支払った利息
消費者団体訴権
給与所得者等再生
指定住宅性能評価機関
事務所
借家権
買換えローン
近郊整備地帯と都市開発区域の整備
指定住宅紛争処理機関
借地権価額
従業者名簿
重要事項の不告知・不実告知の禁止
少額訴訟手続

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved