×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



住宅新築のポイントは?

土地を持っている人が住宅を新築する場合の住宅ローンは?

基本的に土地を持っている人が注文住宅などを行う場合には、以前は公庫融資を中心に資金計画を立てていました。

しかしながら、現在は公庫融資は原則廃止となっていますので、将来的に金利がピークを打って、長期固定金利ローンの利用は避けた方が無難だという時代になるまでは、フラット35を利用する資金計画が主流になると思われます。

フラット35は土地の購入資金についてもローンが組めるのですか?

フラット35の場合、2007年度は「2005年4月1日以降に取得した土地」か今後取得する予定の土地であれば、土地の取得にかかった費用も含めてローンを組むことができます。

フラット35は価格の上限が1億円と多額ですから、広い範囲で利用することが可能です。

お特なフラット35を取り扱っているのは?

フラット35を取り扱っているローン会社の中には、住宅メーカーなどが設立した会社もあるのですが、このような会社では、親会社や提携先の住宅メーカーの物件に対しては金利優遇を行っています。

なので、住宅建築の際の業者選びについては、フラット35の利用を念頭に置いておくことも必要かもしれません。


定期借地権付住宅とは?
住宅新築のポイントは?
中古一戸建てのポイントは?
住宅ローンの申込条件は?
金利の決定方法は?
新築物件のポイントは?
中古マンションのポイントは?
フラット35での借換えは?
民間住宅ローンの主な融資条件は?
貸出金利の種類と特徴は?
IC
日掛け金融
違法年金担保融資等防止貸金業規制法改正
ハードシップ免責
実務講習
事務所
借家契約の更新
住み替えローン
集落地域整備法
指定講習の受講資格
借地権
従業者名簿
重要事項の説明義務
充填不良

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved