×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



中古一戸建てのポイントは?

中古一戸建てのポイントについて

中古一戸建て住宅を購入する場合、以前は住宅金融公庫融資の融資額が少なかったり、物件に対する基準が厳しかったりしたので、民間住宅ローンを利用するケースが多かったようです。

最近では、フラット35の登場と融資条件緩和の結果、どのような住宅を取得するケースでもフラット35が資金計画の中心になっているようでうす。

フラット35は、価格が1億円までなら物件価格の90%(最高8,000万円)まで利用できます。

フラット35を利用して中古一戸建てを購入する場合の注意点は?

フラット35を利用する際には住宅の「適合証明書」をとらなければならないのですが、中古一戸建ての場合ですとこれがとれないということも考えられます。

その場合には、民間住宅ローンを短い期間で利用するという方法になるかと思われます。

また、フラット35が利用できない住宅については、住宅の性能等に問題があるということですので、そのような物件の取得は避けるようにしたいものです。

地方で中古一戸建てを購入する場合は?

地方で中古一戸建てを購入する場合、フラット35が利用できれば、少ない自己資金でも購入できるケースも考えられます。

というのは、ローンの借入比率は高くても、物件価格が安いのであれば、ローンの借入金額は少なくて済むはずですので、家賃よりも少ない負担でマイホームが取得できることも十分に考えられるからです。


定期借地権付住宅とは?
住宅新築のポイントは?
中古一戸建てのポイントは?
住宅ローンの申込条件は?
金利の決定方法は?
新築物件のポイントは?
中古マンションのポイントは?
フラット35での借換えは?
民間住宅ローンの主な融資条件は?
貸出金利の種類と特徴は?
消費者金融
利息制限法の上限以上の金利を天引き
借用書と貸したお金
小規模個人再生の特徴
指定保険機関
特定目的会社の社員総会
借家権の対抗力
買換えローン
主物・従物
指定保証機関
借地権課税
終身建物賃貸借
守秘義務
少額訴訟の判決

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved