×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



フラット35での借換えは?

フラット35(保証型)の借換えとは?

従来ですと、買換えをする場合には民間住宅ローンを利用しなければならなかったのですが、現在は、「フラット35」(保証型)を利用して借換えができます。

フラット35(保証型)での借換えのメリットはどのようなものですか?

フラット35(保証型)での借換えのメリットは次のようなものです。

■収入基準が「買取型」と異なり緩やか※なので承認が得やすいこと。

※最高で年収に対して40%までの返済負担率でOKです。

■保証料が無料であるなど、借換えを実行する際の諸費用が少なくて済むこと。

■民間住宅ローンと異なり、低利の長期固定金利型なので、将来的な金利上昇リスクが全くないこと。

関連トピック
フラット35の融資条件は?

フラット35の融資条件というのは、次のように決められています。
■毎月返済額の4倍以上の月収がある人。
■申込日現在70歳未満であること。
■自分で所有及び居住するための住宅を建設(購入)すること。

フラット35や財形住宅融資の申込みは、取得する住宅の所在地の都道府県内の「住宅金融支援機構業務取扱店」と表示されている金融機関の窓口でできます。

民間住宅ローンの融資条件は?

民間住宅ローンの融資条件というのは、一般的には次のようなものです。
■借入時の年齢は満20歳以上満66歳以下の人。
■最終返済時の年齢が満80歳未満の人。
■前年の税込収入が200万円以上で勤続年数1年以上の人。
■その金融機関が契約する生命保険会社の団体信用生命保険に加入できる人。
■指定の信用保証会社の保証を得られる人。
■店舗の営業基盤や商圏にある物件または居住者の人...etc

民間住宅ローンの場合は、各金融機関が独自に融資条件などを決定していますが、同じ住宅ローン商品ということで共通点も多くなっています。

民間住宅ローンを利用する際の注意点は?

金利優遇キャンペーンなどに魅力を感じて利用を考えても、取得物件がその金融機関の商圏外で利用できなかったり、「公共料金の支払が3項目以上必要」など金融機関によっても様々な制約があるようです。

また、これらの条件を満たしたとしても、団体信用生命保険の加入や信用保証会社の保証が得られるかわからないといった不透明な部分もありますので、利用できるかどうかを確認するようにしてください。

定期借地権付住宅とは?
住宅新築のポイントは?
中古一戸建てのポイントは?
住宅ローンの申込条件は?
金利の決定方法は?
新築物件のポイントは?
中古マンションのポイントは?
フラット35での借換えは?
民間住宅ローンの主な融資条件は?
貸出金利の種類と特徴は?
瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)
任意整理
借用書と金銭消費貸借契約書
給与所得者等再生
私道
斜線制限
修繕積立金
借換え手続き
準禁治産者
指定保証機関
借地権の譲渡・借地の賃貸
住宅地区改良区による制限
主要構造部
使用細則

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved