×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



金利の決定方法は?

住宅ローンの金利はどのように決定されるのですか?

本来、住宅ローンの金利というのは、経済環境や景気動向などを反映した資金の需給関係によって決定されるものです。

しかしながら、現実には政府の金融政策にも大きく影響を受けます。

例えば、公庫融資の住宅ローン金利というのは、以前は融資資金の調達元であった財政投融資資金の貸出金利を基準金利としていましたが、現在では住宅金融支援機構が行う証券化支援事業※に基づく長期固定金利が採用され、毎月上旬に発表されます。

また、民間融資の場合は、証券化支援事業の対象になる長期固定金利の住宅ローンを「フラット35」として商品化し、それぞれの金融機関が金利を独自に決定し、毎月上旬に実行金利を発表しています。

ちなみに、住宅ローン金利は、新長期プライムレートの動きなどにも連動しますので、住宅ローンを組む予定の人はこちらの方も注意して見ておくとよいと思われます。

※住宅金融支援機構が民間金融機関の貸付債権を譲り受けて信託した上で、それを担保として債権を発行します。

住宅ローン金利の注意点は?

住宅ローン金利について、次の点については特に注意したいところです。

■公的融資は、借入申込書を提出したときの金利が適用される。

■民間融資は、借入申込書の提出したときではなく融資実行時の金利が適用されるので、申込書提出時の金利より大幅に高くなることもあるので注意が必要です。なお、この金利は毎月発表されます。


定期借地権付住宅とは?
住宅新築のポイントは?
中古一戸建てのポイントは?
住宅ローンの申込条件は?
金利の決定方法は?
新築物件のポイントは?
中古マンションのポイントは?
フラット35での借換えは?
民間住宅ローンの主な融資条件は?
貸出金利の種類と特徴は?
IR
給料の全額差押え
契約書は2通作成
非免責債権
司法書士
従前地
住宅宅地債券
返済に困った時の新特例
準不燃材料
地面師・家屋師
借地借家法
住宅品質確保法の住宅性能評価
準難燃材料
消費者契約法

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved