×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



転勤により転居したが再び戻ってきた場合の再適用

転勤により転居したが再び戻ってきた場合の再適用は?

マイホームを取得して居住したものの、会社からの転勤命令で転居し、その後再びその住宅に戻ってきた場合には、住宅ローン控除の再適用が受けられます。

しかしながら、再適用を受けるためには、一度は新居に入居し、住宅ローン控除を受けていることが要件になっていますので、例えば、住宅の引渡しを受けた年中に海外に単身赴任したようなケースでは、住宅ローン控除を受けていないことになりますので、再適用も受けられないということになります。

また、この転勤期間中については、住宅ローン控除は受けられないのですが、この期間も控除期間にはしっかりカウントされます。

ですから、控除期間が10年の場合、最初に3年間控除を受けていて、その後転勤期間が2年間あったとしたら、控除が受けられる残りの期間は5年間ということになります。

住宅ローン控除の再適用を受けるための手続きは?

住宅ローン控除を受けていた住宅に居住しなくなる日までに、その住所地の所轄税務署長に「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」を提出してください。

届出事項としては、現住所、勤務先、転居予定日、転居理由、転居先住所、転勤中の現住居の用途などとなっています。

ちなみに、もし事前にこの届出書を提出できなかったときでも、提出できなかったことについてやむを得ない事情があると認められる場合には、事後でも適用が認められます。


住宅ローン控除が受けられる増築・改築とは?
中古住宅の取得とともにローンも引き継いだら…
転勤により転居したが再び戻ってきた場合の再適用
控除期間が1年減ってしまう場合
住宅ローン控除が受けられない場合
定期借地権付住宅購入の場合
連帯債務になっている住宅ローンの借換え
会社から転勤命令があり転勤したら…
税源移譲で控除額が減少したら…
マイホーム購入後引渡し前に転勤になったら…
金利ミックス型…
抵当権順位の条件…
マイホームの購入価格…
個人再生手続…
申込証拠金・内金…
ネットバンクの住宅ローン…
新築マンション購入の際のポイント…
フラット35と財形融資の併用…
具体的なマイホーム購入の流れ…
相続時精算課税制度の利用…
無人店舗・登録
特定調停・メリット
利息制限法・上限金利20%
立替払契約

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved