×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



マイホーム購入後引渡し前に転勤になったら…

マイホーム購入後引渡し前に転勤になった場合は?

住宅ローン控除というのは、原則として本人か本人の家族が住宅に居住していないと適用されません。

しかしながら、既に住宅ローン控除を受けていて、本人が国内に単身赴任し家族が引き続き居住するという場合で、転勤が終わった後には家族と再び同居するということが認められた場合には、引き続き控除を受けることができることになっています。

ただし、海外転勤の場合には、転勤期間中は住宅ローン控除は受けられません。

住宅を購入後、住宅の引渡し前に転勤になった場合は?

住宅を購入した後に、住宅の引渡し前に転勤などで居住できなかった場合には、次のすべての要件を満たしていれば住宅ローン控除が受けられます。

■海外転勤ではないこと

■物件引渡しの日から6か月以内に本人の家族が居住すること

■本人の居住できない理由が、転勤、病気、転地療養などやむを得ない事情があると認められた場合

■居住できない事情が解消された後に、本人と家族が同居のうえ居住することが明確であり、それが承認された場合

ちなみに、転勤等の前までに住所地の所轄の税務署に「転任等の命令により居住しないこととなる旨の届出書」を提出する等所定の手続きが必要です。


住宅ローン控除が受けられる増築・改築とは?
中古住宅の取得とともにローンも引き継いだら…
転勤により転居したが再び戻ってきた場合の再適用
控除期間が1年減ってしまう場合
住宅ローン控除が受けられない場合
定期借地権付住宅購入の場合
連帯債務になっている住宅ローンの借換え
会社から転勤命令があり転勤したら…
税源移譲で控除額が減少したら…
マイホーム購入後引渡し前に転勤になったら…
JAあんしん計画…
団体信用生命保険…
元金均等返済と元利均等返済…
共働きの場合の借入方法…
夫婦の収入合算…
住宅金融支援機構の収入合算…
マイホームには消費税がかかるのか…
民間ローンとの相違点…
フラット35の住宅の品質…
いつの金利が適用されるのか…
貸金業規制法の対象・貸金業者
通常の民事調停・特定調停・違い
毎月一定日・返済
クーリングオフ・クレジット会社の対応

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved