×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームの税金ガイド



会社から転勤命令があり転勤したら…

会社から転勤命令があり転勤した場合は?

住宅ローン控除を受けるには、新築・購入または増改築等をした日から6か月以内に入居して、その年の12月31日まで引き続き居住していなければならないといった要件を満たす必要があります。

ただし、 勤務先からの転勤命令等によって転勤先に転居しても、家族が居住しているなどの一定の要件を満たせば住宅ローン控除を引き続き受けることができます。

平成15年4月1日以降に転居した場合については以下のようになっています。

<海外勤務の場合>
単身赴任
・・・転勤期間中、本人が非居住者である期間中は控除の適用はありません。

家族全員で赴任
・・・転勤期間中は控除は受けられませんが、勤務先等からの転勤命令に伴う転居の場合であれば、再居住した際には控除の対象になります。

<国内勤務の場合>
単身赴任
・・・生計をともにする親族が引き続き居住していれば転勤期間中も控除が受けられます。

家族全員で赴任
・・・転勤期間中は控除は受けられませんが、勤務先等からの転勤命令に伴う転居の場合であれば、再居住した際には控除の対象になります。


住宅ローン控除が受けられる増築・改築とは?
中古住宅の取得とともにローンも引き継いだら…
転勤により転居したが再び戻ってきた場合の再適用
控除期間が1年減ってしまう場合
住宅ローン控除が受けられない場合
定期借地権付住宅購入の場合
連帯債務になっている住宅ローンの借換え
会社から転勤命令があり転勤したら…
税源移譲で控除額が減少したら…
マイホーム購入後引渡し前に転勤になったら…
信用金庫の住宅ローン…
フラット35の連帯債務者…
変動金利型と固定金利型…
返済が遅れている場合…
手持ちのお金はどのくらい必要か…
あおぞら銀行の「レディ住まいle(エルイー)」…
不動産の価値…
フラット35の特徴…
審査が通りにくい人…
銀行の住宅ローンの特徴…
貸金業者・登録拒否要件
個人債務者再生手続
返済額・返済日
加盟店情報センター

Copyright (C) 2011 マイホームの税金ガイド All Rights Reserved